外壁塗装で家を守ろう!

外壁塗装とは

外壁塗装というのは、建物の外側の壁に塗料を塗ることをいいます。そもそも塗装は、一般的に対象の建物や物体の装飾・保護・防錆を目的に行うものですが、外壁塗装の場合も同様です。当然のことですが、外壁は常に外気に晒され、外からの様々な刺激を直に受けますから、紫外線・風雨などで多くのダメージを受けることになります。徐々に劣化してしまうのはもちろんのこと、風雨によって腐食してしまうこともありますし、そうなってしまってからでは遅いので、そうなる前に、外壁塗装をして、常に、外壁を万全な状態にしておくんですね。雨というのは、外壁に悪影響を及ぼす酸性ですし、紫外線も有害なものです。これらをブロックし、家を守って長持ちさせるためにも、外壁塗装というのは大切なものなのです。決して、当初の色が変色し、見た目が悪い…というだけの理由ではありません。

外壁塗装では、外壁塗装専用の塗料(外壁塗料)を使用します。外壁塗装は内壁用の塗装よりも耐久性があり、汚れがつきにくくなっている…という特徴がありますが、塗装を行う範囲が非常に広く、その分塗料も多く使うため、塗料としての質の良さだけでなく、経済性も求められています。

簡単に外壁塗装の工程を挙げると、高圧洗浄によって壁の汚れを水洗い、または薬剤などで汚れを落として乾燥させます。その後、窓・枠など塗料をつけたくない部分をビニールやテーピングなどを使って養生(色や傷がつかないようにシートなどで覆う等の処理を施すこと)し、下地強化剤を下塗りしてコーティングします。この下地強化剤には、シーラー(下塗り用の塗料の1つで、コンクリート・木材などの吸収性の高い対象物が仕上げと量を吸収してしまわないようにする役割がある)・サーフフィラー(壁との間にできた隙間を埋める役割があり、小さな凹凸のある表面を平らにする役割がある)系のものが一般的です。そして、中塗り、または仕上げ塗りに、アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素…などの塗料を1回~3回ほど塗って終了です。

外壁はどうしても塗料を塗る範囲が広いので、ローラーを用いて塗装したり、塗料を吹き付けるなどして仕上げます。新築の外壁塗装の場合は、外壁の模様をつけることが多く、その場合は吹き付けによって塗装を行うことが一般的ですが、リフォーム…つまり塗り替えによる外壁塗装の場合は、ローラーを使用した塗装が一般的となります。

外壁を塗り替える時期ですが、よく、「10年前後経ったら塗り替え時期」という言葉を見聞きします。確かに、外壁塗装の目安ではあるのですが、年月で判断するよりも、外壁の状態を見てから判断するようにしてください。塗装が剥がれている・外壁がひび割れている・チョーキング・カビや藻が発生している…といった症状が出てきたら、外壁の塗り替え時期だと考えて間違いないと思います。

塗装の剥がれは、紫外線・車の排気ガス…等の大気中の汚染物質が原因となっており、塗装の表面が劣化している状態になります。外壁のひび割れは、原因は複数考えられるものの、外壁が劣化することでひびが入ってしまっている可能性が高いことが多く、もし、ひび割れを発見したら、まずは劣化調査診断を行うことをオススメします。チョーキングというのは、壁を触った時に、その触れた手などに白い色が付いてしまうことをいいます。本来、塗装された外壁は手で触っても色が手についてしまうことはありません。それなのに手が白くなってしまうということは、外壁が劣化している証拠ですので外壁の塗り替えを考えた方が賢明です。外壁塗装を行うための最もスタンダードな目安と考えて良いと思います。そしてカビ・藻の発生は、外壁の防水効果が劣化してしまっている可能性が考えられます。もちろん、外壁の方向…どうしても太陽が当たらない北側の外壁は、カビ・藻が発生する可能性が高くなりますので、定期的にチェックするようにしてください。

ただ、外壁の下地の素材によって塗り替え時期の目安は異なります。一般的に、外壁の下地には、モルタル・ALC/RC・窯業系サイディング・鋼板系サイディング・板張り/トタン…などが使われていることが多いのですが、モルタル・ALC/RC・窯業系サイディングの場合は、色褪せ・汚れ・苔や藻が発生していたり、外壁にひび割れがある場合。またチョーキングがある場合や、広範囲に渡ってヘアクラックがある場合が判断基準となります。ヘアラックというのは、パッと見は特に何ごともないように見える外壁でも、よく見てみると細かい無数のひびのことです。これは、乾燥収縮などが原因で発生することが多く、ヘアラックがあると、雨水がそこから侵入してしまう可能性があります。鋼板系サイディングの場合は、色褪せ・汚れ・白サビがある場合が判断基準となります。白サビというのは、外壁の表面に現れる小さな粒状のザラザラしたものを言います。そして板張りの場合は、5年のサイクルて定期的な外壁の塗り替えが推奨されていますし、トタンの場合は、サビが発生した時点で塗り替えを考えると良いと言われています(色褪せ・汚れはその程度によって異なるので、判断基準とは言い切れません)

関連記事

新着記事

リンク集

Copyright © 2016 外壁塗装で家を守ろう! All Rights Reserved.